バイク歴を利用する

バイク歴が長いと、単独の人は少なく、必ずといっていいほどバイク仲間がいます。バイク仲間が多いということはそれだけ口コミによる情報は多く入ってくるのですが、ツーリング派やサーキット派、バイクの種類によっても仲間の種類は変わってきます。そのため口コミと同時にインターネットによる情報も収集してください。広い情報はインターネットで収集し、仲間による生の情報でそれを確認する。情報でいえば最強だといえるでしょう。また同じような体験をした仲間も必ずいるはずです。成功例だけでなく失敗例も収集したほうが、より活用できるはずです。

バイク歴が長いとメカにも詳しくはなりますが、自分以上にバイクに詳しい人も存在します。メンテナンスのノウハウや査定におけるポイントなどを聞いておくことをお勧めします。バイク歴が長いとどうしてもリアルな情報だけを重視してしまいます。インターネット上にはネット査定や電話相談などがありますので、それを活用すると複数の業者の査定が現車をみずに行えますので活用するようにしましょう。相見積は売買の基本です。リアルな価格でなくとも、おおよその目安にはなりますので、十分に価値はあります。車検が切れていたり、ナンバーを切っている場合には、出張査定があります。大切な愛車を売るのですから、最後まで手をかけてあげたいものです。

なぜ高値買取を目指すのか

バイクの買取は、ネットで検索をかけて適当に連絡をつければ終わりといったお手軽なものではありません。確かにその方法でも取引は成立するのですが、前項で記したように複数台所有のかたはただバイクを放置してそうなったのではなく、そのバイクをまだ乗り続ける気持ちであったことはほとんどであり、いろいろな事情によりそれを手放すのです。査定額がすべてとはいいませんが、なるべく高く買取ってもらったほうが、それが次に乗る人の愛着へと繋がると考えるでしょう。安く買取られたバイクは、安く販売される可能性が高く、安く手に入ったバイクは安価な価値しかないととられ粗雑に扱われる可能性があります。長年乗ったバイクで、乗り続ける予定だった愛車です。なるべく大切に乗ってもらいたいと思うのは、バイク乗りであれば当然のことなのです。高値で買取ってもらいたい、大切に乗ってもらいたいと思うのであれば、売る側も多少の苦労はしなくてはいけません。

愛着をもっていたバイクですので、当然メンテナンスは常に行われているものと仮定しますし、洗車に関しても問題はないものとします。これはバイク乗りとしては当然のものですし、単純に考えて機械的に同じ状態のバイクだとしても、これが行われているといないでは雲泥の差があります。これはバイク乗りの基礎でもあり、買取の極意なのです

〔参考情報〕バイク買取